コエンザイムQ10を効率的に摂取する方法とその量とは??

コエンザイムQ10は1日どのくらい必要?

疑問

一般に、コエンザイムQ10の一日の必要摂取量は、30mg~300mgとされていますが、そもそもこの成分は、元々、体内に存在している極めて高い安全性を持つ成分であることから、アメリカでは、1日300mg以上摂ることができる食品もあるほどです。

そして、コエンザイムQ10の必要摂取量は、年齢や健康状態、ストレスや胃の状態などによって必要量が異なることが特徴で、健康な人が摂取する場合、その目的が健康維持であれば、一日の飲む量は、30mgで充分といえますが、運動を日課としている人や高齢の人では、60mg~100mgの摂取は必要とされています。

 

また、コエンザイムQ10を毎日飲んでいる場合でも、体調不良や過度な疲労時などの時は、より多くのこの成分の摂取が必要であるという研究データもあります。

そのため、コエンザイムQ10の一日の必要摂取量は、年齢や健康状態、そして、生活習慣や運動の程度、ストレスや疲労度などにより、適切な摂取する量を見極めるようにすることが大切です。

 

コエンザイムQ10の種類と相性

老化

コエンザイムQ10は、人の全身の細胞に存在している成分で、細胞が活発に活動するためのエネルギー生成をサポートする役割を担っていますが、残念ながら、加齢とともに必要量が減っていくことから、栄養を取っているにも関らずコエンザイムQ10が不足してしまうと、エネルギー変換が上手くいかなくなって、細胞の老化が早まってしまうようになります。

そのため、不足分をコエンザイムQ10のサプリメントなどで取ることがおススメなのですが、このようなコエンザイムQ10には、種類があって、酸化型と還元型に分かれています。
還元型の方が圧倒的に体内への吸収率がいいです。

 

コエンザイムQ10を効率的に摂れない【酸化型】

イワシ

イワシやオリーブオイルなどに多く含まれるコエンザイムQ10ですが、食品から取れる量は、1日に5mg程度で、取る事が望ましいとされる量を食品から取ることは現実的とはいえません。

そのため、不足分をサプリメントで取ることが望ましいのですが、コエンザイムQ10のなかでも、長い間、医薬品やサプリメントとして親しまれてきたポピュラーな酸化型は、手軽に摂取ができて、安価なことが魅力といえます。

そして、この酸化型は、コエンザイムQ10を体内に取り込んで小腸で吸収された後、還元型に交換されて効果が出るようになるなど、還元型に変わるステップが増えるため、効率的とはいえず、また、加齢や疾患がある場合、還元型に交換する力が低下したり、体質によって効果が感じられる温度差も大きいといえます。

 

このように、吸収が悪いといわれる酸化型ですが、近年では、発酵技術の発達により、酸化型でも発酵型のコエンザイムQ10は、吸収力が格段にアップして効率が高くなったことで注目されています。

 

コエンザイムQ10を効率的に摂るには【還元型】

自然界に存在する還元型は、体内で自然に作られ、全身の臓器に存在し、効果が早く現れるため、エネルギー不足や高齢者や病人でも、効率的に作用することが特徴です。

そのため、酸化型を摂った場合には、体内で還元型に変換する必要となるので、最初から還元型を選択するほうが、より効率的といえます。

特に、40歳以上の人や、激しいスポーツなどで活動している人、また、ストレスが多い場合にも還元型はおススメです。

しかしながら、還元型は、空気に触れると酸化しやすいので、製造過程で酸化が進まない信頼できるサプリメントのメーカーを選択することも必要となります。

このようなコエンザイムQ10は、本来、脂溶性の成分のため、食事中や食後すぐに摂るなどの工夫が必要でしたが、近年では、水溶化の技術が開発され、吸収率が飛躍的に上がり、効率的に取れるようになりました。

そして、水溶性のコエンザイムQ10では、いつ飲んでも吸収性が高く、空腹時の吸収率は従来の還元型より3倍となっています。

 

コエンザイムQ10を飲む前に知っておきたい事

コエンザイムQ10は脂溶性であるため、食後が最も吸収されやすいのですが、摂った後、5、6時間をピークに血中濃度が下がるため、まとめて一気に摂るより、2、3回に分け、こまめに補給するほうが効率的といえます。

 

そのため、1日にコエンザイムQ10を60mg補給したいと考えていたら、毎食後にそれぞれ20mgづつ摂るようにすることがおススメとなります。

また、コエンザイムQ10と相性が良い成分として、同じく脂溶性で抗酸化作用があるビタミンEとの組み合わせや、ビタミンC、そして、ビタミンB群との組み合わせなども効果的で、相乗効果が期待できる摂り方となります。

ステラの贅沢CoQ10
しかしながら、一つのサプリメントに多くの成分が配合されていることで、それぞれの成分が不安定となることも示唆されているので、上手な摂り方として、ステラの贅沢CoQ10のように有効成分をよく考えて配合されたサプリメントを選ぶのが望ましいと思います。

 

>>HOMEに戻る

コメントは受け付けていません。