コエンザイムQ10配合の化粧品でも「還元型」がいいの?そもそもスキンケアに効果的?

エイジングケアの化粧品に配合されているコエンザイムQ10

スキンケア

若いころと違い、年齢を共にスキ

ンケアは手間がかかってくるため、その分エイジングケアの化粧品には効果的な成分が配合されているものが多いと言われています。

エイジングケアに良いとされている成分としてコエンザイムQ10が配合されているものもありますが、その中でもやはり還元型というのは効果があるのか気になるところと言えます。

 

還元型と酸化型の違い

多くのメディアでも取り上げられることも多いですが、そもそもどんなものなのかを簡単に説明しますと、人間の体内でも生成されるコエンザイムQ10です。

逆に、製造が簡単であり多くの化粧品に含まれる酸化型は、体内に入ると一度同じく還元型に変換する手間が必要となります。

その手間にはエネルギーがかかるため、変換する手間とそれにかかるエネルギーのために摂取した量よりも少なくなってしまうことが考えられます。

 

そのため、もともと吸収率が高いコエンザイムQ10が配合されている化粧品の方がよりたくさん吸収できるので、肌に対する効果が高いと言えるのです。

 

実際の効果は??

では、実際に肌に対する効果はどの程度なのか気になるところです。

還元型の方が吸収率が良いのはわかってもスキンケアに対する効果が期待できなければ意味がないと言えます。

コエンザイムQ10には美容やスキンケアに効果がある以外にも生活習慣病の予防やダイエット効果など様々な効果が期待できるとされており、年齢を重ねるとともに体内で生成される量も減少してくることで肌や体に影響してくることがあります。

生産量が減少してしまうのであれば、外部から摂取しないことには増えることはなく、その分肌が衰えてきたり新陳代謝が悪くなるとされています。

年を取ればとるほど減少してきますので、その分たくさん摂取するのが良いと言えるのです。

化粧品

酸化型の場合は吸収しやすくするために変換しなければならない手間を考えるとサプリメントや化粧品などで摂取する場合、吸収率が高い還元型で摂取した方がスキンケア効果が高いということも理解できるのではないでしょうか??

 

コスパを考える

ただ、吸収率が高いということはそれだけ製造にもコストがかかるということでもあります。

それなら酸化型をたくさん摂取することで補えばよいのではと考える人もいることでしょう。

コストパフォーマンス

確かに、コストが高いことが気になるならそれよりもコストが低い酸化型を摂取するのが良いのではと考えるのは当然のことでしょう。

しかし、加齢やストレスなど、様々な理由によって酸化型を変換するエネルギー自体もパワーダウンしてしまうとされており、たくさん摂取したところで変換する能力は弱ければいくらたくさん摂取して変換されることなく体外に排出されてしまうのです。

つまり、どんなにたくさん摂取したところで酸化型であればあまり効果が実感できないと言えるのです。

 

そのことから考えても、変換する手間がなくその分も吸収することが出来る還元型のコエンザイムQ10を配合している化粧品やサプリメントを摂取する方がスキンケアやエイジングケアに高い効果が期待できることもわかるのではないでしょうか??

 

最後に

このように、せっかく摂取するのであれば還元型のコエンザイムQ10の方が良いと言えるのですが、化粧品でもサプリメントであっても摂取する場合には過剰摂取に気を付けることをおすすめします。

基本的に副作用はなく過剰摂取した場合の影響が明らかになっているわけではないのですがだからと言って完全に安全というわけではありません。

いくらスキンケアに効果的でも過剰摂取にならないようにしてアンチエイジングに役立ててみるのが望ましいと言えます。

また、薬との飲み合わせなどにも注意して摂取していくように心がけることをおすすめします。

>>HOMEに戻る

コメントは受け付けていません。